上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県産 ピオーネ と長野県産 バラード(洋梨)の パフェ(数量限定) 1,860円

berryoosaki1.jpg


パフェ好きとしては、行っておかねばならない店の一つと言えるのが
「青山ベリーパーラー」。

なにしろ、ネットで他の方が食べに行った写真の「見た目」がきれい。
パフェ好きは、この「見た目」も重要なのではないかと思うわけです。

写真を見る度に「食べたい!」「行きたい!」と思っていたわけです。

でも、私も50歳になってしまいまして、
なかなか一人ではこういう店に入れなくなってしまいました。(笑)
(30代、40代の時は意外と入れたんです。(^^;)

そんな時、表参道に行く用事が出来て、
いかにも「今日、行かないでいつ行く?」というシチュエーション。

意を決して(そんな大袈裟ではないですが)、行ってみました。

まずは、このディスプレイ。



DSC07938.jpg




これでもう垂涎というか、パブロフの犬状態です。

ところが、この店の惜しいところは店が地下一階にあるということ。
このディスプレイの奥にあれば、言うこと無しなんですが・・・。
エレベーターに乗ると、ちょっとだけ醒めてしまうんですね。

でも、店内に入るとまた気持ちが盛り上がります。
パフェを食べられる店は明るい店が多いですが、ここは違います。

女性を口説く時に最適な暗さ・・・。
もとい、パフェを美しく撮るのにいい感じの照明。
(という割りには、実はピンボケしています。m(. .)m)

人気があるのかと思いきや、他のお客さんはカップル二組のみ。
人が少ないので恥ずかしさも軽減、さらに暗さでますます大胆に。(笑)

他のお客さんがカップルのみ、というのも頷ける雰囲気です。
一人で特攻している自分が寂しくなってしまったことは内緒。(^^;

パフェの種類は豊富で、何を食べたらいいのかわからず、
店頭に出ていた本日特製?の数量限定物を頼みました。

Today's Seasonal special parfait
岡山県産ピオーネと長野県産バラード(洋梨)のパフェ(数量限定)




berryoosaki2.jpg



パフェは、フルーツを主役に食べさせる店と、
生クリームやアイスをおいしく食べさせてくれる店とに、
分けられると思いますがこちらは、フルーツ主役です。
(フルーツ主役の店が多いかな?)

ピオーネは大粒のぶどうで「黒い真珠」などとも呼ばれてるようです。
大変甘くて実が詰まっており、もう、うひょひょひょなくらいに旨いです。

バラードは希少な品種なので「幻の洋梨」とも言われています。
人によっては「ラフランスよりもうまい」とか。
私はたぶん初めてですが、とってもみずみずしくてジューシー。
普通の梨の食感とは明らかに違いましたね。素晴らしいです。

主役のフルーツ陣を食べ終えるとフルーツが旨すぎたせいか、
その下にあるのは、やや普通の印象。
でも、食べ終えた時の満足感は十分にありました。

なんと言っても、もう一個、食べて帰ろうかな?
と随分迷ったくらいですから。(笑)

機会を見て、また行きたいです。
でも、その時は二人で・・・・。(^^;




Written & Photo by  大崎裕史




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。