上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だんごちんこパフェ 400円


himidanchin1.jpg



富山県・氷見で
モザイク処理しなければ載せられない
とんでもないパフェを、パフェラッチ!!




himidanchin4.jpg



氷見の土産店「勘右衛門(かんえもん)」。

氷見といえば、すぐに頭に浮かぶのが
出世魚であるブリ。

こちらのお店は「ブリ最中(もなか)」という
3種類のアンコの味が楽しめる最中を
商品開発したお店です。
ブリの形をした最中なんですよ。





himidanchin5.jpg



パフェラッチ!はやっぱりパフェ狙いで。

でもこのパフェの名前は・・・?(汗)




himidanchin3.jpg



このお店、なんと「恋はDANKO CHINKO」という
CDまで出しているんですね!

女将さんいわく

「だんこちんこ」とは富山の言葉で
「互い違い」とか「ボタンのかけ違い」という
意味なんだそうな。

ほう~、そういうことかぁ~。
下ネタパフェではないってことで一安心。

だって、女性ファンが多いパフェラッチ!に
あまりきわどいものは載せられないからね。




himidanchin2.jpg



ところが女将さんが笑いながら
出してきたのが・・・

正真正銘の下ネタパフェでした(笑)

女将さん、明るい方ですね(^^;

地元の新聞社がこのパフェを
取材に来たときもあったそうですが
新聞の写真には、とてもじゃないけど
載せられないと言われて
当然、ボツになったとか(笑)


パフェラッチ!では、こうして
何とか工夫して載せることにしましたけど。


姿はともかくパフェの内容は良かったですよ。

アイスの上にはフルーツに駄菓子。
グラスの底からは赤エンドウ豆や
いろいろな色の寒天など。

全力投球で客を楽しませよう
という姿勢には好感がもてます。

何事につけても意欲的な女将さんなので
これからもきっと面白いパフェを
開発してくれることでしょう。

でも次に作るパフェは
堂々と写真を載せられるパフェに
してもらいたいものです(笑)





Photo & Written by ヒロキエ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。