上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リタティーノ・マンゴーパフェ 750円 


ritatino04.jpg


やっぱり麻布十番のオヘソだなぁと思う、十番パティオ。


ritatino.jpg


ロータリー下側には、和食「もち玉」やBar「tellus」。

いつも人気のカフェ「LA BOHEME」の店内を覗きながら、
つらつらとゆるやかな傾斜を上がると、
「きみちゃん」の銅像の向こうにピーコックが見えてくる。

その右手角の「東京ラスク」も視野に
右に視線を振ったところに見つかるのが、「リタティーノ」。
今日は、麻布十番で「パフェラッチ!」です。

この角っこあたりって、
山田ヒロさんの店「ヒロソフィー」が
あったところじゃなかったかな。

そんなことを考えながら、店頭のパネルを覗き込みます。



ritatino01.jpg



そこには、お子様からご年配の方まで、
安心して食べていただけるように、安定剤を自然素材に代えて、
パティシエが考えたリタのジェラートを是非、とある。



ritatino02.jpg


そしてその下に示すのが、"本日のねりたてアイスクリーム"。

「煮出しバニラ」「ブラッドオレンジ」「フランボワース」「灘の酒かす」
などといった10数種類の小さなプレート並んでいて、
それらが「ただいまのフレーバー」と
「これからのフレーバー」とに分けられている。

どうやら、その10数種類のアイスが順繰りに
"練り立て"で供されるということらしい。

冊子には30にも及ぶフレーバーが示されているから、
時季に応じたバラエティはもっと広がるってことなんだろね。



木目の扉の向こうは、白を基調とした明るくポップな意匠。
ショッキングピンクのカウンターがアクセントになっていて、
その奥が硝子越しの"練り練り工場"か。



SMILE SIZE(150g)かHAPPY SIZE(225g)のねりたてアイスを
所望するひと達に交じって、「イートインでパフェを」と告げると、
応じてくれるニッコリ笑顔。

出来上がりを待つは、右手の壁際に据えられた
スレンダーなカウンターのスツールで。

すると、待つ間、いずれかのフレーバーの
ねりたてアイスを試供してくれるという。


カップの「麻布ショコラ」はなるほど、
練り立て感あるとろんとした表情。



ritatino03.jpg



どれどれとスプーンを動かすと、
一瞬のねっとりしたテクスチャがさらっとした感触に一変して消えてゆく。

そこへ、オトナなショコラ風味が追い掛ける。
皆が知っている、溶けはじめそうな頃のアイスの美味しい瞬間が、
最初から愉しめるってな感じでしょうか。

それがだらしなく蕩けたものじゃないのは、
マイナス6度という絶妙な温度に秘密があるのかもしれません。




「リタティーノ・マンゴーパフェ」といえば、
トップをごろごろと飾る大振りブロックのマンゴー。


ritatino05.jpg



濃密バニラアイスを覆っている
円い酸味を含む南国の香気は、
石垣島・川平ファームのパッションソースらしい。

川平湾の煌びやかな
エメラルドグリーンの情景が脳裡を過ります。




「リタティーノ」

港区麻布十番2-8-8
03-3452-0032





Photo & Written by masapi   2011.6.24の記事より一部転載





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。