上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチゴルパフェ


8173144_1103874893_105large.jpg


頑張れ東北

頑張れボルゴっち


そんな気持ちを込めて
パフェ界のあいどる
しずりん
この記事書かせていただきます。





しずりん
色んな所に食べ歩き
色んな所でシェフとお友達になってます。

八戸のオステリア・デル・ボルゴの
通称「ボルゴシェフ」もその一人。

・・・3月11日に東日本大震災がおき、
色んな事が変わった中
ボルゴシェフは頑張っていました。

「デジタルメディア研究所の記事」

シェフの炊き出しに少しでもお役に立ちたくて
そして
シェフご自身が大丈夫か心配で
早速その企画を使い
八戸へランチに


8173144_1103874897_84large.jpg


お。。。おやおや?このスプーンは!?
ま・・・まさかの?


8173144_1103874907_100large.jpg


イチゴパフェっ!

題して

「ボゴがパフェ会のあいど

 しずりんのために作ったイチゴパフェ

 →イチゴパフェ

だそうです

「前から食べたいと騒いでたでしょ?
     こんなのでよかったです?」


とボルゴっち。


8173144_1103874925_170large.jpg


イタリアンのパフェらしく
一番下にはチーズのムース

そして地元八戸市川で採れた苺のソルベに
苺のコンフィチュール

「あえて定番ぽくするために」とコーンフレーク


8173144_1103874931_122large.jpg


そして上には
イタリア修業時代の師匠さん直伝の
ゴルゴンゾーラのジェラード


8173144_1103874941_27large.jpg


さらに
「あえて定番っぽくするために」第2弾の
チョコ菓子(イチゴ○ッキーとイチゴ○ッポ)


ゴルゴンゾーラのジェラード
濃厚だけど、決してもたれる感じでなく
イチゴの酸味とばっちりあいます。

一番下のムースは逆に軽く
どこを多めにスプーンですくうかで
雰囲気が変わります。

これ、楽しいっ


8173144_1103875196_201large.jpg


食事支援は長期戦になる。
一回伺ったらおしまいということはなく
震災のトラウマまで食を通じて解消していきたいから
ボクは何回でも行く。

美味しいものを食べる事が
一番の幸せだと思ってるから。


とのこと。

みなさん
こんな素敵なパフェを作るシェフが
八戸にはいて、
震災復興に向けて頑張っています。


応援してるからねっ!


☆ ボルゴさんの炊きだしの記事



Photo & Written by しずりん




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。