上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Früchtebecher


kirchenwirt07.jpg


ザルツブルク駅から鈍行に乗って、ウィーン方面へ数駅。
間違ってひとつ手前で降りてしまった駅へと迎えにきてくれた車は、
一面真っ白の雪原を走り抜け、Straßwalchen(シュトラスヴァルヘン)へ。



kirchenwirt.jpg


雪原を走ってきたものだから、
随分と郊外の山の中に来ちゃったような気もしたけれど、
そこは小さな町の真ん中あたり。
どなたかの邸宅のようなレストランに招かれました。

全面の硝子窓から陽の光が入って、明るいフロア。



kirchenwirt01.jpg



招いてくれたご家族は、如何にも常連然としてヤァヤァと、
L字を模るフロアの一番奥のテーブルへと一直線に向かいます。

ラズベリーを浮かべて綺麗な泡で乾杯。
ところが、荷物を動かそうとした袖口がフルートグラスに触れて、早速倒すことに。
あわわ(笑)。

改めて、プロセッコのグラスをいただいて、
前菜のお皿を見詰めます。



kirchenwirt03.jpg


(中略)


アイスワインは好きかと訊かれれば、大好きだと答えます。
貴腐やアイスのとろんと甘いワインも実は好物なのであります。

そのグラスをゆっくり愉しんでいるところへ届いたのが、
たっぷりしっかりしたカクテルグラス。

「Früchtebecher」は、つまりはフルーツパフェ。
おお、冬のオーストリアで「パフェラッチ!」だ。



kirchenwirt08.jpg



ヨーグルトと生クリームにからまるベリーのソースと
marillen(アプリコット)のシャーベットが印象的です。


すっきりゆったりした空間で仕立て
明朗なお皿たちと地場のワインがいただける、
Kulinarik & Wein、Gasthaus「Kirchenwirt(キルヘンヴィルト)」。


kirchenwirt09.jpg


迎えてくれるのは、シェフのNorbertとソムリエールのMonika。

"教会近くの宿(Kirchen)の主人(wirt)"という店の名前なのは、
近くの教会と関係があるのかな。

今度は季節のよい頃にお邪魔して、
テラスのテーブル席でオーストリアのワイン片手に。



「Kirchenwirt」
kirchengasse 11 5204 Straßwalchen
[Map] 0 6215 20734



Photo & Written by masapi   2011.3.4の記事より一部転載




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。